読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

🌏

好奇心 × Positive

黄金のアデーレ

映画

 

–あらすじ–


アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、グスタフ・クリムトが描いた伯母の肖像画で第2次世界大戦中ナチスに奪われた名画が、オーストリアにあることを知る。彼女は新米弁護士ランディ(ライアン・レイノルズ)の助けを借り、オーストリア政府に絵画の返還を求めて訴訟を起こす。法廷闘争の一方、マリアは自身の半生を振り返り……。
シネマトゥデイ

 

nonfiction (実話)

f:id:samly73:20170108194908j:image

 

 

''人はすぐに忘れる''



ナチス・ドイツの恐怖に怯えた人たちの気持ちも、しばらくしたらまた忘れてしまう。

 

 

絵には「過去を蘇らせる」力がある。

 

f:id:samly73:20170108195434j:image

 


※ 現在もまだナチス・ドイツにより略奪されたものが、本来の持ち主の手元に戻っていないという現実があるとのこと。